FC2ブログ
topimage

2020-08

☆日本もスエーデンのようになれば国民が納得するのでは・・☆ - 2019.02.12 Tue

(((o(*゚▽゚*)o)))
☆税金のこと・・・
国民の税金を無駄に使ってほしくない
皆さん、同じことを思ってると思います

私は以前から
日本はスエーデンを見習ってほしい
ず~と、そう思っているうちに
歳をとってしまいました~(:_;)


福祉国家スウェーデン
幸せの国と言われてます

スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、
フィンランドなどの北欧諸国は
社会福祉の先進国として日本の
20、30年先をいくと評されます

国連が発表している
「世界幸福度ランキング」では
北欧諸国が毎年上位を占めていますね

その中で、特に保守性や勤勉さなど
気質が日本とよく似ていると言われるの
がスウェーデンなんです

年金生活になったら
スエーデンに移住したいな~と
真剣に考えた時期もありました

そこではどのように幸福度の高い
豊かな社会が営まれているのか・・

ロイヤルハウジングが
目指す4 つのビジョン

①高齢者支援②子育て支援
③働く女性支援④障がい者支援 です


①高齢者支援
愛着のある〝自分の家〞
「地域で支えあう豊かな社会」

いま福祉先進国が目指す高齢者ケアは
できる限り、住み慣れた家に暮らし続けること

スウェーデンの家では
段差をなくし、廊下の幅を広げ
階段にリフトを付けるなどの様々な
バリアフリー化に、市町村から
上限なしの補助金が出ます

やむなく自宅を離れ施設に入る場合も
できるだけ自分の家に近い状態にする
配慮がなされます

例えば、愛着のある
家具や雑貨を持ち込むだけでなく
同じ壁紙でリフォームすることも可能

日本では個人スペースは
寝室だけという老人ホームも多いですが
スウェーデンでは高齢者1人あたりの
居室基準はかなり広くて驚きます
2LDK・65㎡と定められているとか

これは「訪ねてくる家族や友人が一緒に
寝泊まりできるように」という理由からです


北欧のように
「認知症になっても大丈夫。地域で支えよう」と
高齢者ケアは保険ではなく税金で賄われ
年金は誰でも平等に分配されるため
老後の住まいや生活を
心配することはほとんどありませんというか
心配することはないのです

子育て・働く女性支援
子どもの人権をベースに考える
「北欧に〝イクメン〞はいない?」

北欧には「イクメン」に
相当する言葉はないのだそうです

男性が子育てをするのは
当たり前だから、というのがその答え

子育ては手伝うものでも
参加するものでもなく
あくまでも夫婦が一緒に
やるものなのだからです

父親の育児休暇取得率が
9割に迫るスウェーデンでは
子ども1 人あたり480日の
有給育児休暇が認められ
それを父母で分け合うシステムです

休暇は子どもが8歳になるまで
半日単位で申請でき、その間の給料も
ほぼ変わりません
(最大3 9 0 日間は給与の8 割保障)

驚くべきは
その申請先が勤め先の会社ではなく
「社会保険庁」のホームページだということ
ネットで簡単に申請できるそうです

日本では、働く親(主に母親)を
助けることが子育て支援だと考えがち
〝働きたい人が働ける〞ための支援です

一方、北欧では〝子どもには
父母どちらにも育てられる権利がある〞
という子どもの人権をベースに考えます

そして働く親たちへの手厚い制度も
あなたにこれだけ投資するのだから
むしろ能力を活かして
今後も社会のために存分に働いてくださいね
というスタンスなのですね

そして教育も・・・・
幼少期から大学まですべて「無料」です

才能豊かな子どもが
教育を受けられないのは
個人の損失だけでなく
国や社会としての損失だ!
と考えるのです

障がい者支援国が
会社を作って雇用促進
「障がい者も納税者に!」

スウェーデンでは
障がい者もケアされるだけでなく
積極的に仕事をして
納税者であるべきだという考えのもと
画期的な雇用促進が行なわれています

1980年に国が投資して生まれた
巨大企業、SAMHALL 株式会社の
       「サムハル」
従業員2万2000人のほとんどが
身体・知的・精神など
多様な障がいがある人たちです

多くの企業から業務受託しており
製造業や仕分け、パッキングなどの
下請け業務だけでなく
配膳・調理、クリーニング
買い物代行などのサービス業も・・

彼らには健常者と変わらない
給料が支払われるのです
そして
同じく高い税金を納めます
「たぶん・・・25%だったと思います」

個人に合った研修システムで
生産性を高めた後
年間1000人以上が
サムハルを卒業し
地域社会で〝転職〞していきます

障がい者を「弱者」として
保護するのではなく
労働と納税を通じて
社会参加を促す試みは
誰にでも等しく
「働く喜び」があると教えてくれます

北欧は税金が
高いとよく言われますが
スウェーデン人にとっては
税金は、取られるものではなく
預けるもの」なのだそうです

納得できるのではないですか?

=================
☆掲示板の質問に
 こんな答えがありました
 スエーデンの税金に関して・・・

スウェーデンに住んでいる者です
やはりこの国はやり繰り上手ですね
確かに税金は高いです

給料の中から3割国に取られるので
かなり痛いです でもこの国は
不満が出難いようになってます

まず医療費は基本タダです
大きな手術なども負担はありません

ただしただの風邪や外傷、骨折などは
2万円までは負担して
いかなければなりません

特例として新型の
ブタインフルエンザのワクチン接種は無料
2万円を超えると生涯ただ

日本のように
大きな病院は少なく
地域ごとに診療所が
怪我のランクごとに分かれています

骨折などをすると
レシートと一緒に
金額の書かれたシールを貰います
これを2万円まで集めます

でもほとんどタダみたいな値段なので
逆にシールを集めるのが大変です

高速もタダです

しかし今住んでいるヨテボリという町は
今税収が少なくなっているので
一時的に高速を造るために
料金を取るようです
出来てしまえば後はタダ
どこに行くのも料金は取られません

ただしサービスエリアが無いのが
ちょっと不満ですが

それと車検・・・
日本はとっても高くて
車検の時期はビクビクしてましたが
こちらは総額で5千円くらいです

ただ車検のためのメンテナンスが
不良でパスしないと、もう一度見てもらうのに
2千円。こんなもんです
一万でお釣りが返ってきます

学生にとっても
いい国なのがスウェーデン
学費も一部を除いて
ぜーーーんぶタダ
その一部というのも教科書代のみ

しかも嬉しい事に
一定の期間キチンと出席すると
国から援助金が出ます
一人6万くらいですかね

だから殆どの生徒は学校に
遅れないように頑張っています
ちなみに一年で二週間以上休むと
自動的に留年です

でも2ヶ月に一回くらい
1週間休みの週が必ずあるんです
なので北欧のフィンランドや
ノルウェーから学生が沢山来ています
あとまだ細々したのが
色々ありますけど全部書けません

税金は・・・・
消費税が25%
給料の3割が税金
だけれど、ほとんどがタダの国

どうでしょう?
こんな国でしたら
税金が少し高くても
文句は出ないはずです

日本も手本にしてほしいです

日本のように、納税しない人が
困ったら生活保護を受給できる現状
それも、ちゃんと支払いを
してきた人より支給額が多い・・・
この法律、絶対におかしいですよね

スウェーデンの辞書には、
福祉国家という熟語が載っていて
「国民全体の幸福を追求する国家」
と説明されているそうです

=================

DSC05126.jpg
わかりました~
きょうの授業は終わりでしゅか!

DSC05127.jpg
長かったでしゅね~


☆お届け物です
ママさん 最後になっちゃって
ごめんなさいね
DSC05112.jpg
新鮮な卵が50個も
わんわんパラダイスの
みゅうママさんから届きました

ここの養鶏場は注文から
2ヶ月待ちです

いつも美味しい卵を
有難うございます(o^∇^o)ノ

ママさんのブログ⇒ 


DSC05115.jpg
新鮮なうちに生で食べたくて
マーボーナスと一緒に
食べてみましたよ(((o(*゚▽゚*)o)))



ブログ村ランキングに参加してます
一日一回ポチってしてくれたら嬉しいです

いつも応援有難うございます(⌒∇⌒)



ペット・動物との暮らしランキング

● COMMENT ●

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

スェーデン!
一度,行ってみたい国ですね。
美しい福祉国家!
というイメージですが,物価も高いようですね。
人口は1000万人以下。東京都よりも少ないそうですね。
広い国土に,産業も盛ん。
だから,あのような高度な福祉国家になれたのでしょうか?
年収300万円以下で25%,それ以上なら55%の税金なのだそうですね。
個人の貯蓄高は,どれくらいなのでしょうね。
福祉が進んでいるから,個人の貯蓄は少なくても大丈夫!
物価が高くても大丈夫!?
人々の考え方も,日本とはかなり違うでしょうね。
ラッキーパパは,日本もスェーデンのようになって欲しいと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://newbeauty950.blog.fc2.com/tb.php/238-83c95f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

☆ペットのふくろう・・・言葉を理解してる☆ «  | BLOG TOP |  » ☆お空にいる愛犬に捧げる詩☆

プロフィール

カノンママ

Author:カノンママ
最近は、ワンズとの生活が生き甲斐になってしまった夫婦です
思い出を残す為に、せっせと日記を綴ろうと思います
たまに、趣味の音楽や編み物も・・・


何度かお問い合わせ戴きました
当サイトはリンクフリーです。
ご自由にどうぞ♪
ご連絡いただければ訪問します☆

カレンダー

フリーエリア

スポンサーリンク
メモ調2 fukurou.jpg 2010年4月28日致しました 20100331_1469801.gif


ペットランキング
ペット・動物との暮らしランキング minnna_20180518160159c28.jpg burogukanon_2018051816020218d.jpg burogu_20180518160200da9.jpg burogurisa_20180518160159096.jpg

カテゴリ

未分類 (14)
カノンのこと (0)
夏音の事 (11)
苺鈴の事 (11)
里沙の事 (10)
日常の出来事 (508)
ガーデニング (1)
編み物 (7)
洋裁 (0)
音楽 (0)
趣味の事 (0)
沙羅と樹里の事 (6)
芸能ネタ (4)
今日のニュースから (1)

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


2匹の猫と人形の日々

vent vert(緑の風)

5+4+3のバタバタ生活

トイプー茶実のきらきら成長日記

カントリーシーズー☆彡レイちゃん日記

LOVE ピットブル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

Google

スポンサーリンク